大切なのは流れを読む力

 

 

 

レートが伸びてきた。

まだ伸びそうだから、ここで1分取引をしてみよう。

 

 

そうやってエントリーした瞬間にレートが逆方向に動いてしまう、というのは

投資家たちの動きを考えなかった為に引きおこる失敗です。

 

 

パソコンの向こう側にいるあなた以外のトレーダーの動きというのは

チャートの中に全てあらわれています。

 

 

いまどちら(買い・売り・様子見)の方向に向いていて

これからどう動こうとしているのか。

 

 

主要トレンドから見える投資家たちの動きをしっかり把握し

リスクの少ない投資をしていきましょう。

 

 

 

三段階の主要トレンド

 

以前の記事、移動平均線が教えてくれるもので記載したように

投資家の心理・行動は、移動平均線とローソク足の位置関係で知ることができます。

 

 

このチャートで言えば、移動平均線の上にレートが位置しており

投資家の目線は買いに向いている状態です。

 

 

この移動平均線を軸に置いて

エントリーしてはいけないポイントを見ていきましょう。

 

 

先行投資家が参入する第一段階

主要なトレンドは3段階で構成されている。

これはダウ理論の基本法則のひとつです。

 

 

この法則と移動平均線、さらにレートの位置をみると

投資家がどのタイミングで市場に参入してくるか

その心理面と行動が明確化され、手を出してはいけないポイントが理解できます。

 

 

ではまず第一段階のポイントです。

 

 

この第一段階では、トレンドもそろそろ天底だな

と判断した先行投資家が参入してくる段階です。

 

 

例えばこのような下落トレンド。

 

 

赤丸の場所で、下落トレンドも終了だろうと判断した投資家が

次は青矢印のような相場を予想し買いに入ってきます。

 

 

先の見えたチャートであれば簡単そうに見えますが、実際はそうじゃないですよね。

 

 

実際は、こうして先の見えない状態で判断するワケです。

 

 

この段階で思惑通りにレートが動けば安心して取引ができますが

その為には現在のトレンドが終了したと判断できる力が求められます。

 

 

下落が続きすぎてるからトレンドも終わるだろう、と

根拠もない予測で勝てる場面ではありません。

 

 

こうした場所でのエントリーは大きなリスクが伴うので

投資を始めたばかりの時はトレンドをしっかり捉えた

次の第二段階でエントリーすることを心掛けてください。

 

 

 

トレンドフォローを捉える第二段階

第二段階になるとトレンドがしっかり確認できるようになるため

多くの投資家から注文が入ります。

 

 

移動平均線を上抜けた辺りからトレンドを確認した多くの投資家が

買いに入り、上昇トレンド形成。

 

 

この段階の取引は流れに逆らわず

しっかりトレンドに乗ることが重要になってきます。

 

 

その為、以前も伝えたように

上昇トレンド中のエントリーは買い(HIGHエントリー)です。

 

 

多くの投資家が買いに動いている中で、LOWエントリーするメリットは

どこにもありません。

 

 

安易な取引で失敗しない為にも

上昇中は買いのみ、というルールをあなたのトレードルールに組み入れてください。

 

 

 

手を出してはいけないポイントはここ!第三段階

先行投資家が参入する第一段階

トレンドを確認して多くの注文が入る第二段階。

 

 

そして多くのトレーダーが負けるゾーン

いわゆるバブルゾーンが第三段階となります。

 

 

ではチャートで見てみましょう。

 

 

移動平均線を下抜けながら上昇している

弱い上昇トレンドの局面。

 

 

レートが一気に跳ね上がり、移動平均線から離れています。

 

 

こうした移動平均線から乖離したポイント

買いが伸びたから自分もそこに乗っかろう、という

相場を知らない初心者トレーダーたちが買いに走った局面です。

 

 

初心者から見れば勝てるチャンス、と見る局面ですが

それまで買っていたトレーダーたちはいつ売り抜けようか、と

すでにタイミングを見計らっています。

 

 

その為、何もしらない初心者トレーダーたちが次々に参入するなか

売りの連鎖が始まり、レートは見る見るうちに下落していくワケです。

 

 

こうした大衆の動きを把握できないと

レートの動きに惑わされエントリーしてしまうことになります。

 

 

自分が勝った瞬間に下落した!

それが自分の技量のなさからくる判断ミスにも拘わらず

取引業者が裏で操作しているんだ、などと騒ぎ立てたりするワケです。

 

 

初心者が減った口座残高を見て肩を落とすなか

加速した売りが底を打った、と判断した先行投資家が買いに入り

相場は再び第一段階に戻ります。

 

 

複雑に見える相場も、こうして見るとシンプルですよね。

 

 

それぞれの投資家がチャンスと見て動いたことで

チャートが形作られていきます。

 

 

その為、チャートをしっかり分析することは

投資家の心理、行動を分析することになるワケです。

 

 

これまでお伝えした移動平均線、遅行スパンの基本は

どれもそうした投資家の行動をチャート上から救い上げるものです。

 

 

これから更に重要なラインなどを理解し

安定して勝てるトレーダーを目指していきましょう。

 

 

 

p.s

明日はきっと、今日より良くなる!!

 

 

それでは、また次回。

 

 

 

ランキングの応援してもらえると喜びます。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村