上昇の力を捉えろ

 

 

 

プライスアクショントレードのフォーメーションで

ダーククラウドは信頼がおけるパターンのひとつです。

 

 

ダーククラウド?っていう方は以前の記事

田仲が使う新手法をご覧下さい。

 

 

で、このダーククラウドはLOWエントリーに使うフォーメーションなんですが

今回はその逆パターンHIGHエントリーのフォーメーションPiercing(ピアーシング)を解説します。

 

 

 

Piercing Pattern(ピアーシング・パターン)

ピアーシングの成立条件はダーククラウドと同じです。

 

 

ピアーシング成立条件としては

0:一定の大きさがある陰線が2本続いたあと、陽線が出現

1:陰線の始値を陽線の終値が超えていないこと(理想はフラット)

2:陰線の安値を陽線の安値が超えていないこと(理想はフラット)

3:陽線の実体が陰線の実体を1/2包んでいる

 

で、ダーククラウドとピアーシングの成立条件で重要なのが

終値の位置です。

 

 

 

重要なのは前の足を1/2包んでいるということ。

 

 

完璧に1/2というのはなかなか現実的に難しいですけどね

理想は1/2

 

 

で、ダメなのは終値が完全に前足を超えて包み込んでしまうこと。

ダーククラウドでもいったんですが、超えてしまうと別フォーメーションになってしまうんで

この点は注意してください。

 

 

 

サポートされているかを確認する

ピアーシングが確認できたとき、その場ですぐエントリーしちゃうのはダメ。

その足跡が思惑通り上昇へ歩みだすか、ここを確認するために水平ラインを引いてください。

 

 

トレンドラインはFXと違う引き方するんでどこに引くの?ってことになるんですが

水平ラインであれば、とりあえず過去にサポートされているとこに引いておけばOKです。

 

 

その水平ライン上でピアーシングがでれば再度、上昇へ向かう可能性が高い。

だからまずはチャートを開いたらローソク足を小さくして、水平ラインをひいておく。

 

 

でね、バイナリーで覚えていてほしいのは

買いも売りも2度試されるということ。

 

 

水平ラインで一回反発が起きると、ここでは売り(買い)は勝てないのか?と

投資家たちは再度、売り(買い)を仕掛けてくるワケです。

 

 

試しの一手を打ち込んでくるということですね。

 

 

それでもそのラインを突破できないと、投資家はそこで諦めの行動をとるワケです。

その投資家たちの損切りに加えて、これはいけると踏んだ投資家の新規注文が入るため

2回目の反発はけっこう信頼をおくことができます。

 

 

一回目より二回目、これは大切です。

 

 

あ、ピアーシングはサポートですけどね

ダーククラウドはLOWエントリーになるんで、しっかりレジスタンスされているか確認してください。

 

 

とりあえず水平ラインを引いて

フォーメーションが出たら過去そのラインでレートがどうなってるか見てみる

このクセをつけるとダマしにもあいにくいと思います。

 

 

 

ロジックをシンプルに更にシンプルに

このプライスアクショントラッキングで取引をおこなうとき

僕はまず主要チャートにトレンドライン、チャネル、水平ラインを引いて・・・・・・

 

 

ってやってるんですが、もっと簡単にこれを判断することはできないかな、と考え

ボリンジャーバンドと水平ラインを使ったものをいまテスト中。

 

 

これについてはうまく行きそうならまたシェアしますね。

 

 

 

今日の田仲

 

 

しばらく徹夜続きで取引前に一気に眠さに襲われた今日。

窓に打ち付ける雨音が妙に心地よくて

気づいたら音楽聴きながら爆睡してました・・・・・・

 

 

う~ん、今日の取引はダメだな。

少しだけテストトレード行って再び寝ます。

 

 

それではみなさん、おやすみなさい。

 

 

p.s

夜になると必ず聴いてる歌声

 

 

それでは、また次回。

 

 

 

ランキングの応援してもらえると喜びます。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村