目標へ向かって一歩を踏み出せ。

 

 

プライスアクショントレードの見つめる先は

ローソク足のフォーメーションとその位置にあります。

 

 

でも常にパソコンを見つめているワケにもいかないし

フォーメーションが出たらピコンってアラームが鳴るワケでもない。

 

 

たまたま見ている時間に考えるフォーメーションが出ればいいけど

そう簡単なものではない。

 

 

だから単純にフォーメーションを追いかけるだけのプライスアクションでは

エントリー回数は限りなく少ないと言えます。

 

 

 

では僕はどうしているか?

 

 

今回は僕のプライスアクショントレードと

現在使用しているチャートをシェアしていきたいと思います。

 

 

 

プライスアクションの軸はライントレード

先にいったようにフォーメーションだけを狙っていると

その取引回数は限りなく少なくなります。

 

 

僕自身、会社に雇われてはいませんが

他にも事業をおこなっているため常にチャートを見ておくことはできません。

 

 

であれば、やはりそれなりのエントリーポイントがあることは重要になります。

 

 

そこで僕はプライスアクショントレードの軸にライントレードを置き

ライントレードで見るポイントでフォーメーションが形成されれば強気のエントリー

そうでないときは取引額を下げてのエントリーとしています。

 

 

ダーククラウドやピアーシングを大切にしてはいるけど

それはエントリーの正しさを裏付ける根拠のひとつとしてみているということで

ひとつエントリー根拠がなくても、他の根拠でいけそうなら取引するというワケです。

 

 

 

いまはどんなチャート見てるの?

僕も色々とチャートに手を加えては改善し、余計なものは削りまた増やし

そんな感じでやってきて、ようやくひとつのチャートに腰を据えた、といった感じ。

 

 

 

では実際に僕がこの記事を書く直前まで

取引で使っていたチャートをご覧ください。

 

 

分かりやすいように枠で囲んでいます。

 

 

時間足から説明すると左の赤枠1分足

右上の橙枠5分足で右下の青枠15分足といった感じ。

 

 

同じ通貨ペアで時間軸の違うチャートを3つですね、表示させています。

 

 

では僕がこのチャートをどうやってみているかですが

青枠15分足は、全体の流れを確認するために利用。

 

 

その為、ボリンジャーバンドと遅行スパンを組み合わせたもの

(FXでいえばマーフィーさんのスーパーボリンジャーに近いもの)になっています。

 

 

設定に関してはまとめの方で説明します。

で、これにローソク足を残したままの平均足を表示させています。

 

 

チェック方法としては、平均足がボリンジャーのどの位置にあるか

また遅行スパンがローソク足に対してどの位置にあるかでトレンドを判断します。

 

 

 

 

さて、このチャートで一番重要なのは橙枠の5分足

この5分足でHIGHかLOWエントリーの方向を決めます。

 

 

で、正直なところをいうとこのチャート

ある一つの指標が表示されていません。

 

 

これは僕のトレードの鍵になるくらい重要なもので

それがエントリーの方向とエントリー可能かを教えてくれるものになります。

 

 

またエントリーの方向、エントリー可能かの判断に加え

強力な防壁としても働きます。

 

 

エヴァンゲリオンにATフィールドって出てくるじゃないですか。

まぁ、僕もあまり観たことないから詳しくは知らないんですが。

 

 

あのフィールドのように、逆行するローソク足をかなり強力に止める

そんなレジサポのような役割ももっています。

 

 

だからローソク足とそのフィールドの位置関係をみれば

エントリーの方向とエントリータイミングがわかってくるというワケです。

 

 

これについては、僕のトレードの重要ポイントなんでここでは控えますが

またどこかでシェアできればと思います。

 

 

 

で、ちょっと話それてしまいましたが最後に1分足ですね。

 

 

 

15分足で相場の流れをチェック。

5分足のフィールドをみてエントリーの方向を決定。

 

 

そして左の赤枠1分足でエントリータイミングをはかる。

こんな感じです。

 

 

5分足でエントリー可能と判断したら

1分足でタイミングを見てエントリーという流れになります。

 

 

 

取引時間は3分で行う

僕が取引しているのは、ハイローオーストラリアですが

ハイローでは最短の取引時間が1分と決まっています。

 

 

1分取引の場合、1万円のトレードを行えば

上手くいけば僅か1分で8千円の利益が確定。

 

 

一日のバイト代並みの給料を僅か1分で稼げると思うと

まさに夢のようですね。

 

 

ただし1分取引はそれだけ大きなリスクがつきまといます。

 

 

1分取引のリスク

1分取引は上位足の最小ノイズ取引であること。

その為、複雑なチャートやツールでこの激しい波を捉えることは困難。

 

 

勝っていても激しいノイズ取引になる為

残り1秒でまくられて終わり、ということが良く起こります。

 

 

また一度取引を開始してしまえばもうあとは祈るしかない。

FXのように逆行したから損切ということができないワケです。

 

 

では3分はどうなのか?

ハイローオーストラリアでの3分取引の場合

取引終了から1分前までは転売システムを使うことができます。

 

 

転売はFXでいうとこの損切のようなもので

思惑とは違う方向に動き、3分後に戻ってこないだろうと判断したら

途中で取引をSTOPできます。

 

 

その場合、掛け金の全ては戻ってきませんが

全額を失うという事態を防ぐことができます。

(ただしレートが逆行しすぎるとペイアウトが0円になり意味がなくなる)

 

 

さらにいえば、1000円取引をした場合

ペイアウトは800円。

 

 

もし2分間の間に600円、700円と利益が出ていれば

判定時刻を待たずに取引を終了。

 

 

800円全てを取るのではなく

利益がでた瞬間に利食いしてしまうこともできるワケです。

 

 

この転売を使うとスキャルピングのようなトレードが可能になります。

 

 

ただし転売ありきのトレードになってしまうと

逆行したからすぐSTOP、でも3分待てば勝利してた、なんてことも起こり

気づけば転売で損失が膨らんでいるなんてこともありえます。

 

 

転売はあくまで自分のトレードが確立できた上で利用すべきもので

なんとなく戻ってこない、だから損切。

 

 

こんな風に使うんではなく

自分の根拠から大きく外れ、こういう理由で戻ってこない確率が高い

だから損切、とするべきです。

 

 

利食いの場合も同じ。

あと1分も待っているとこれは逆行し始めるという根拠があるから

利益が少しでも出ているタイミングで終了するといった使い方になります。

 

 

3分は転売機能が使えますし、1分よりも余裕をもって取引ができます。

だから僕は、現在3分取引がメインになっているということです。

 

 

 

時と場合では1分足に切り替える

メインは3分で取引してますが、場合によっては1分に切り替えます。

例えば、5分足を見た場合にHIGHエントリーとした場合

本来であれば、チャンスがくるまで待つべきなんですよね。

 

 

ただ1分足の状態次第では、5分足に逆行する形でLOWをとっても

大丈夫だと判断できるときがあります。

 

 

もちろんメインである5分足のエントリー方向に逆行するトレードはお勧めしませんが

状態ではそれが可能だ、というワケです。

 

 

 

こんな風に。

 

 

 

チャート設定

では最後にこれまでの流れとして

チャート設定と大まかなトレードの流れを解説します。

 

 

☑15分足の設定と見ているもの

●ボリンジャーバンド(1~3σ全て 期間20)

●遅行スパン(設定26)

●相場の流れをチェック

 

☑5分足の設定と見ているもの

●移動平均線(短期20 中期60 長期240)

●ストキャスティクス4(K24 D9 SD0)

●エントリー方向の確認

 

☑1分足の設定と見ているもの

●移動平均線(短期20 中期60 長期240)

●ストキャスティクス4(K24 D9 SD0)

●エントリータイミング

 

 

 

エントリーのまとめ

15分足で流れを判断。

ボリンジャーバンドの中央ラインよりローソク足が下

遅行スパンがローソク足の下で下落トレンドと判断。

 

 

上昇トレンドは上記と逆の状態。

ボリンジャーバンドが縮小し、遅行スパンがローソク足に絡んでいると

レンジ相場と判断。

 

 

基本はトレンドのときにエントリーとなる。

 

 

15分足のトレンドと5分足のトレンドの方向の一致を確認。

一致していればエントリー可能。

 

 

一致していることが確認できれば

5分足のフィールドと1分足のフィールド(別機会に公開予定)で

エントリー時間とタイミングを決定。

 

 

大まかですが、これが僕がおこなっているトレードとなります。

ここにプライスアクションを加えることで勝率の高い取引を可能にしています。

 

 

 

ツールの検証結果

そういえばツールと教材の方も検証してきましたが

ツールの方はやはり自分には合わないと判断し検証中止。

 

 

何よりチャートを開くとパソコンが重くなり使いづらくなるため

お蔵入りとしました。

 

 

教材の方はツールなど使わず

既存のインジケーターだけでトレードできます。

 

 

これについては勝率的にもいい結果がでており

今回紹介したトレード手法を加えると

勝率、エントリー回数などもいい結果がでています。

 

 

これについては更に検証して

またシェアしていきたいと思います。

 

 

 

今日の田仲

 

昨晩、朝方の3時までトレードと検証を行い

寝たのが5時。

 

 

3時からはずっとYouTube観てて昼間に起きました。

 

 

それにしても好きだな~

ずんの飯尾さん。w

 

 

 

それでは、また次回。

 

 

 

ランキングの応援してもらえると喜びます。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村