さぁ、攻略してやろう!

 

 

おはようございます、音楽を愛する投資家

田仲です。

 

 

時間帯の癖を狙ったトレード。

なんだか評判のようでして、たくさんのお便りをいただいております。

 

 

その中でもちょっと気になったのが

その時間になったら絶対勝てますか、というもの。

 

 

これはですね、無理です。

 

 

100%勝てるツールやロジックあるなら

何百万出しても僕が欲しいくらいです。

 

 

どれだけ常勝トレーダーであったとしても必ず負けるときはあります。

 

 

だから大切なのは

その手法で一回の取引を100%勝つことではなく

月トータルでいかにプラスにできているか、ということです。

 

 

時間帯トレードも例外なしに完全無欠ではありません。

 

 

その時間の流れのなかで起きるパターンを捉えた取引になるため

流れが変われば、もちろん結果も変わります。

 

 

その負けを受け入れられず、絶対に勝つ方法というものを探している間はトレードスタイルも定まらず

トレードに時間を割くよりも多くの時間がロジックの買いあさりや情報収集に使われてしまいます。

 

 

実際に取引をしていかなければ、成長できるものもできません。

100%はない。どれだけロジックを買いあさっても、地力がつかなければ結局は一緒と理解し

とにかく資産をとかさない程度に取引をしていきましょう。

 

 

その時に大切なのが、必ず負けるということを受け入れることです。

 

 

 

ギャンブルにしないために

バイナリーオプションで本当に勝っている人で

バイナリーはギャンブルだ、と言ってる人を僕は知りません。

 

 

バイナリーはギャンブルだ、と主張する多くが

負けて退場したり、結果の出せないノウハウコレクターだったりします。

 

 

なかには実際はやってもいないのに二者択一だけというだけの理由で

ギャンブルだ、と言い張る意味不明な人もいます。

 

 

もちろん何も考えず安易な考えで、これは上に行くだろうなんてやれば

それはギャンブルです。

 

 

でもそんな取引はバイナリーに限らずFXをはじめ

他の投資だってギャンブルになりえますよね。

 

 

ようは、ギャンブルにしてしまうか

しっかりとした投資にするかはあなたのトレード次第ということ。

 

 

時間帯の流れを狙ったトレードだって

ある時間になったら何も考えず機械的に決まった方向にエントリーして、あとは神頼み。

 

 

これでは投資とはいえませんよね。

 

 

だから必ず上位足から相場をみていき、思惑通りに進みそうかを分析します。

もし考える時間内にチャート上で条件を確認できなければ、エントリーを見送ることもあります。

 

 

 

見づらくても申し訳ないですが、下のようにデーター(これはその一部)を取り

エントリーできる条件や大まかな取引時間をしっかり決定しています。

 

 

 

もちろんこうしたデーター取りや検証は、少しでも勝率が高いトレードを行うためです。

 

 

ちなみにこれで見ると、直近で条件に当てはまっていなかったのは2日間。

赤色の場所。判定が×になっているところがそうです。

 

 

△や●になっているところは勝てているポイントですが

条件が悪く、判断に迷うとこ。またギリギリで勝っているとこになります。

 

 

条件が完全に一致していない2日はエントリーしておらず

この時間帯トレードだけでみれば、いまのとこ勝率は100%です。

(昨日のミスエントリーは計算に入れず)

 

 

でも考えもなしに条件の揃っていない2日間の日にトレードしていたり

条件が悪いところで考えもせず機械的にトレードしていると

それはギャンブル性が高くなり、当たり前ですが勝率は一気に落ちます。

 

 

そうしない為に、チャートを分析していくワケです。

 

 

 

ギャンブルでも勝てばいいじゃない

それでもバイナリーオプションはギャンブルだ、と言い張る人もいますが

であればギャンブルでいいじゃない、とも思うんですよね。

 

 

ただし宝くじなどのような完全に運任せのギャンブルではなく

ブラックジャックのようにある程度攻略できるギャンブルですが。

 

 

ちなみに数十年前、マサチューセッツ工科大学の学生たちが

数学の確率論を用いたブラックジャック攻略法を編み出したことがあります。

 

 

ラスベガスをぶっつぶせ、という映画のもとにもなった彼らは

実に6億円以上もの大金を稼ぎだすことに成功したのは有名な話です。

 

 

結局は投資であろうが、ギャンブルであろうが、勝ったものが正義。

そこに敗者の言葉は意味をなしません。

 

 

にもかかわらず負けたものはギャンブルだから勝てなかった、と騒ぎ立てる。

 

 

これはバイナリーだけでなく、FXでも転売でも

どんなビジネスモデルでもそう。

 

 

失敗した人間というのは親切心を装って

挑戦者の足を引っ張り続けるワケです。

 

 

もしくは実績もないのに口座開設アフィリで手法を売りつけたり

高額な薄っぺらいツールを売りつける側にまわります。

 

 

ギャンブルと思うならそれでいい。

そのギャンブルをチャートで分析し、攻略していけばいいだけでしょう。

 

 

でも忘れないでくださいね。

 

 

最初にもいったようにそれが投資だろうがギャンブルだろうが、他のビジネスモデルだろうが

どんな手法、ツールを使っても100%上手くいくというものは存在しません。

 

 

どうぞそれを忘れず、バイナリーオプションを攻略をしてやりましょう!

 

 

 

 

今日の田仲

 

 

現在の時刻は10:27分。

徹夜してそのまま午前中の取引、その後少し寝るというのが日課になりつつある。

 

 

身体に悪いからちょっと生活習慣見直そうと思っています。

 

 

というのはいいとして、今日の午前中のトレードも快勝。

時間帯トレードは2本勝利。

 

 

ただ最後の1本は2秒前まで完全に負け。

これは時間ギリギリで条件が確認でき、急遽入った1本だったんですね。

 

 

おかげで2秒前には負けを確信しましたが

残り1秒で条件効果発動したようで、急激にレートが動き逆転勝利。

 

 

心臓に悪い。

 

 

もうちょっとドンっと構えて取引しないと。

まだまだです。

 

 

 

それでは、また次回。

 

 

 

ランキングの応援してもらえると喜びます。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村