僅かなチャンスを狙い打て!

 

 

これはあまりお勧めしないやり方なんですが

しっかり相場を捉えながらやると有効打になります。

 

 

どういうものかというと

レンジ相場からボリンジャーバンドに絡む、バンドウォークを追いかけたもの。

 

 

その名も、BW追撃トレード(うん、まんま)

 

 

僕自身こうしたものはあまり使わないんですが

昨日はいい感じの相場だったので、この手法でエントリー。

 

 

 

USD/JPYを追撃しまくる!

 

 

追撃が失敗に終わったところで終了。

深追いはせず、勝ち逃げ精神でここで撤退となります。

 

 

 

 

エントリーポイント

この追撃トレードは流れに乗った順張り取引になります。

 

 

今回追撃を狙ったUSD/JPYがこの部分

 

矢印の部分で追撃をしていき

最後の陽線が出たところで負けになった場所で終了。

 

 

きっちり1分ごとというよりは

ローソク足の動きをみながら順張りしていくといった取引になります。

 

 

この取引はハマれば今回のように勝ちが続きますが

資金管理は徹底する必要があります。

 

 

僕は一日で3敗したとこで終了するというルールがあるため

もし追撃で3敗したらそこで終わり。

 

 

これを徹底しておかないと

闇雲にトレードを繰り返してしまい、資金を溶かしてしまうことになりますからね。

 

 

どんなトレードでも必ずルールを守って取引をするようにしてください。

 

 

ちなみにこの追撃はメンタルの管理ができている時のトレードになるので

資金が少ない時や、負けたあとで、なんとか取り返してやるのトレードで使うのはあまりお勧めしません。

 

 

こんな感じの取引もあるんだ程度で参考にしていただきたいですが

もし細かなエントリーポイント希望がありましたら

また別記事でエントリーの詳細を掲載していきますね。

 

 

 

【追加】今朝のBW追撃!

 

USD/JPYで1分取引追撃でした。

 

 

 

 

 

 

今日の田仲

今日のタイムトレードは検証に使いました。

ラインなどを上手く引けない(本当は引いてほしいけど)方のために

視覚的にエントリーポイントが分かる方法でエントリー。

 

 

それにプラスして、時間帯の頭の部分とギリギリの部分でエントリーしてみたんですが

本日の相場はタイムトレードが不発に終わり、逆行してしまいました。

 

 

結果はというと、時間帯の頭と終わりで打ったものはあえなく敗退。

視覚的に見えるポイントで打ったものは勝利。

 

 

トータルでは負けということになりますが

この視覚的に見えるポイント、というのに若干の手ごたえを感じたのでヨシとし

 

 

負け分はいま2敗になってしまったので

あと1敗するまでになんとか挽回できればいいかな、と思ってます。

 

 

検証のためとはいえ出だしが悪いんで

メンタル崩壊しないように今日も一日頑張っていきます。

※上記で追加した追撃でマイナス分はプラスに転換しました。

 

 

みなさんも暑さや仕事疲れのなかでの無理なエントリーは負けやすいんで

十分気を付けてトレードしてくださいね!

 

 

それでは今日もはりきっていきましょう。

 

 

 

それではまた次回。

 

ランキングの応援してもらえると喜びます。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村