可能性は無限大

 

 

エントリーポイントの解説も10回目を迎えました。

さて今回は、ゴールデンラインとストキャスティクスで1分取引を攻略です。

 

 

ゴールデンラインは使いこなせるようになると

とても心強い武器になります。

 

 

今回の取引ポイントで、ぜひエントリータイミングを掴んでみてください。

 

 

 

ゴールデンラインは2度目のタッチが大切

 

 

まずはこちら。2番目のLOWエントリーを解説します。

 

 

 

EUR/JPY チャ―トはこちら

 

15分雲は陰転中

1分雲は陰転から陽転に切り替わったところ。

 

 

陰転雲を抜けてきたローソク足がゴールデンラインに止められています。

この時に注意してみていただきたいのは、ラインがしっかり効いているのかということ。

 

 

過去足で2度、しっかりラインで止められているので今回も信頼性は高いですね。

想像した通り、1回目のラインタッチ後、陰線を付けていったん下落しています。

でもここでは入りません。

 

 

ストキャスティクスをご覧ください。

このストキャスティクスは以前紹介した設定になってます。

※今回のストキャスティクスは、ゴールデンラインと遅行スパン導入Ver

 

 

ストキャスティクスを見てみると、Kラインが残りの3本で出来た帯の上にいます。

ここでは上昇の可能性を考え様子見。

 

 

この後、一旦ラインを上抜けたローソク足が再び下落

そこから再度上昇した陽線が、頭を押さえつけられライン下まで下落してますね。

 

 

 

上髭つけた陽線

 

 

陽線がゴールデンライン下まで押し戻されたとき

ストキャスティクスのKラインも帯を割って下落しているのが分かると思います。

 

 

 

 

更に、ゴールデンライン上に15分の雲

その上にもうひとつのゴールデンラインとより強力なブルーラインがあることから

全てが下落を向き、そこでLOWエントリーしたことで無事取引成功というワケです。

 

 

このように安易にラインタッチで入るのではなく

戻ってきた2回目のタッチや他の要素も加えることでダマしにもあいにくくなります。

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

最後に

この記事が少しでもあなたの役にたち

アフィリブログに負けるな!という応援をしていただけるなら

下の愛犬をクリックして、ランキング応援していただけると幸いです。

 

それではまた次回。

 

あなたの応援が励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村